死語にも種類があります


死語にはいくつか種類があります。テレビがブームのきっかけとなったりしましたね。タレントの口癖や芸能人の持ちネタが流行ったりすることもありました。

「お答えいたします」「キャッホランラン」「ちょっとだけよ」「なんじゃこりゃあ」「まいっちんぐ」など。

また、一般的には死語と認められていても、一部ではネタとして扱われている言葉もありますね。セーラームーンの名ゼリフ「月にかわっておしおきよ!」や、家なき子の名ゼリフ「同情するなら金をくれ」など。

あえて死語をネタに使う、というのもなかなか面白いですね。ですが場を見極めないと、空気が沈んでしまいそうです。

このように言葉って凄く作られていることが分かりますね。今後もどんどんこのような言葉が出てきそうです。

LINK フリーマーケットの情報サイト

LINK
最近は
... 何事も永遠と言う言葉はないので(本部家と大山家と野崎家と豊田家の愛は永遠です)試行錯誤頑張っていこうかな。と思う。今日この頃です。病み上がりの大友豊でした。 「大友豊」カテゴリの最新記事 最近は 木村くんも気を付けてね。 とりあえず生きています。 ...
update
TOP